枯れないお花ってどんなもの?

花は散るから美しい。そんな言葉やフレーズをどこかで読んだような、読んでいないような感じですが、「お花はいつか枯れるもの」というのは誰もが持ち合わせている常識でした。
その常識を覆したのが「プリザーブドフラワー」です。


枯れないお花、プリザーブドフラワーとは?

通販サイトでプレゼントを探して検索していたら、検索候補に「プリザーブドフラワー」という文字が出てきたのが出会いでした。
見てみたら「少なくとも2~3年は枯れません」「お水をあげる必要もありません」という、お花に対しては信じられないような言葉ばかりが並んでいました。
「2~3週間の間違いじゃなくて?」と驚いたのも今では懐かしい気すらします。
プリザーブドフラワーは生花に特殊な液体を吸わせて、何年も枯れないような加工を施すものです。


その秘密は

お花の持つ生命力にストップをかける。世の中の女性たちが羨ましがってしまいそうな話ですが、やはり色味だけはどうにもならないようです。そこでいったん脱色し、そこからさらに色をつけていくという加工もしています。
なので、生花をベースにした造花といった方が近いかもしれませんね。中には、ピンクのお花と淡い紫の花びらを交互に接着剤で張り付けるなどのアレンジを施してあるものもあるようです。


おすすめ情報

誕生日プレゼント 妻・・・・妻に喜んでくれること間違いなしの「最新誕生日プレゼントランキング」

Comments are closed.