思い出を彩るためのプリザーブドフラワー

思い出の一場面に彩りを飾るのなら、プリザーブドフラワーが良いです。
結婚式、入学式、卒業式、合格発表などのお祝いには、お花が付き物です。
生花を用いるのが普通だと思いますが、プリザーブドフラワーを選ぶことでより特別な思い出の1ページを作れることをご説明いたします。


プリザーブドフラワーは自然界にない生花

生花に保存液を染み込ませる際に着色料を使うことで、プリザーブドフラワーは現実にはないような色をした花を作ることが出来ます。
例えば、黒や青のバラ、または真ん中と外側で色が異なる花などを作ることが出来ます。
普通の生花と同じ美しさを持つプリザーブドフラワーなら、特別な一輪のお花をあなたの思い出に残すことが出来ます。


作る工程で花粉は取り除かれる

また、生花の場合は花粉アレルギーが気になりますが、プリザーブドフラワーなら気にすることはありません。
生花を加工する過程で、花粉はすべて取り除かれます。
花粉アレルギーを患っている方でも、思い出に美しい花を残すことが出来ます。
また、持ち運ぶときに、スーツに花粉がついてしまうということもなくなります。
お祝いの席が終わった後でも数ヶ月は枯れないため、しばらく感傷に浸ることも出来て思い出に残りやすくなります。

Comments are closed.