プリザーブドフラワーはどれだけ長持ちするのか?

プリザーブドフラワーは長持ちするのが最大のメリットです。しかし、長持ちと言ってもどのくらい長持ちするのでしょうか。また、そのためにはどうすべきなのでしょうか。プリザーブドフラワーには欠点もありますので長持ちさせために注意すべき点もあるのです。


<一般的には1年から3年>

プリザーブドフラワーは、一般的には1年から3年ほど長持ちすると言われています。花だけでこれだけ長持ちするのですからやはり生花に比べてかなり長持ちすると言えるでしょう。また、保存環境がかなり適していれば、最長10年は長持ちするとも言われているようです。しっかりと保存すれば本当に長持ちするようですね。ただし、保存する方法や場所にもしっかりと注意しなければなりません。


<保存方法に一工夫を>

プリザーブドフラワーは、湿気と紫外線に弱いという欠点を持っています。当然、湿気や紫外線があると寿命も短くなってしまいます。そのため、湿気の多い季節は除湿機や乾燥材を用いてなるべく長持ちにする一工夫が必要になります。また、紫外線にも弱いのですから、なるべく日光のあたらない場所で保存する必要もあります。しっかりと保存方法に注意して1年以上長持ちさせましょう。

Comments are closed.