プリザーブドフラワーの独特な香り

長持ちすることや手間が掛からないことを特徴とするプリザーブドフラワーですが、製作の過程において花の香りが失われてしまいます。その為専用のフレグランスを使い好みの香りにアレンジすることも行われています。


香り付け用のフレグランスについて

それぞれの花をイメージしたフレグランスにより香り付けが行われます。香りとしては、ほんのり甘酸っぱい香りや甘酸っぱさ控えめの上品な香り、一番甘い香りなどの種類があります。これを使用し香りのアレンジを行います。美しい色合いに合わせた丁寧な香り付けにより、プリザーブドフラワーの美しさはさらにアップします。フレグランスは天然のアロマエッセンスなどが使われており、安全で安心です。この組み合わせで最高の花に仕上がります。


香りを後で付ける事の大切さと利用法

プリザーブドフラワーは、香りが一部の花で少し残る事もありますが基本的になくなります。しかしこの特徴を生かす場面もあります。例えば入院中の方へのお見舞いには、強い香りが残っていない方が良いでしょう。又、花によっては強すぎる臭いを発するものもあります。こんな時にも香りを後でアレンジ出来ることは嬉しい事です。他にもボックスのアレンジ品であれば、箱を開けた時に香りを発することも可能で魅力は益々向上します。

Comments are closed.